黒羽音響技研の実験室

黒羽音響技研のブログになります。 日常のことを書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追憶のネットワーク編

こんばんわ!
連続投稿です。

どんなに優れたユニットでも複数のユニットを使うとディバイディングネットワークで良くも悪くもなる…
追憶のネットワーク編はじまります。


先日、シミュレーター上で組み上げたネットワークの定数が間違っていたので、まずは正しい回路図を掲載します。

00初期ネットワーク

ユニットの構成としては、ツイーターにAurum Cantus G2Si、ウーファーにRIT YS137G-PSCを使用しました。
ネットワークの構成としてはツイーターを2次のハイパスフィルターで2500Hzでクロスさせ、ウーファーはバッフルステップ補正回路を入れました。
そのためユニットが2つ搭載されていますが、1.5Wayとして組んでいます。

01初期ネットワーク

お金に余裕ができるまではケースに入れずにむき出しで使うように、綺麗に配線を心がけました。
ネットワークの配線に使用しているのは銀単線で半田はムンドルフの銀ハンダ(シュプリーム)を使いました。

こういう時以外、高価な線材とか使う機会がないです…

これで完璧!行けるぜ!
とかまぁ、思っていたのですがホワイトノイズで測定したところ特性が本当に酷い…

ツイッター上でホワイトノイズじゃなくてピンクノイズじゃないとダメだよというアドバイスを受けて測りなおした結果がこちら。

00初期特性

2kHzにディップができていて残念な感じです…
その後、ツイッター上で沢山のアドバイスをいただき

02改造

手持ち部品で何とかかんとかツイーターのクロスを3kHzにしてみたり
ウーファーに5kHzのディップフィルターを入れてみたり
トライアンドエラーを繰り返すこと数時間…
なんとかまともな感じになったので、バイト明けに麻布オーディオでネットワーク部品を購入しました。
ついでにウーファー側にいれるインピーダンス補正回路の部品も買ってみました。

帰宅後、ツイーターを3kHzクロスに変更したり、ウーファー側にインピーダンス補正回路を入れてみたり、外してみたり…

色々やってみた結果!

04改良後

2Wayに変更したほうが特性が良く出ました…

03完成

ダイナミックレンジを120でとっているので、本来より特性が綺麗に見えますが周波数特性と位相特性は以下のようになりました。

09-周波数特性

10-周波数特性

試聴する位置でマイキングをしたので、本当に自分専用な感じに仕上がりました!
久しぶりにスピーカーを製作しましたが、本当に面倒臭いのですが面白いです。
ネットワークはもはや沼だと思いますが、いずれはデジタルダイナミックプロセッサとマルチアンプでシステムを作りたいなと思っています。


08-運用

来週あたりに、スピーカーにアングルをつけるスタンドを作りたいと思っています。
それが終わったら、いよいよアンプの製作にかかります!


それでわ!!!


スポンサーサイト
  1. 2014/01/18(土) 19:47:55|
  2. 製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<左カラムからamazonを削除しました | ホーム | 黒い箱>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kstlab.blog90.fc2.com/tb.php/138-ff4e5979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒羽トア

Author:黒羽トア
初めましての方初めまして!
こんにちわの方こんにちわ!
コミケでヘッドフォンアンプのキットを頒布していたりする黒羽音響技研のトアです。

こちらの方はブログになります。
日常のこと、ちょっと気になった技術ネタ等を書いていこうと思っています。

よろしくお願いします!

■黒羽音響技研ホームページ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (90)
PCB (2)
電子回路基礎 (3)
製作 (13)
緊急 (3)
連絡 (18)
設計 (5)
エンベデッド (3)
工具マニアックス (1)
部品マニアックス (3)
遠征 (1)
測定 (1)

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。