黒羽音響技研の実験室

黒羽音響技研のブログになります。 日常のことを書いていきます

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CM82の頒布物の変更など

こんばんわ。
さて、もすぐ7月が終わりを迎え8月…
ということなのですが、実はコミケの準備があまり芳しくありません。

パワーアンプ→マイクプリ
と言うように製作物が変更になる中大変申し訳無いのですが間に合いそうにありません。

そこで、マイクプリ用に考案していた低雑音な直流安定化電源(トラッキング電源)の基板を
頒布したいと思っています。
絶賛試験期間なのですが何とかしたいです…

Twitterの方で皆様に助言をいただきながら何とか仕上がるような気がする中、試作機が出来ました。
前回の回路図から大幅に変更しています。

■回路図
psu-c.jpg
※画像をクリックすると大きい画像が見れます
回路図中のコメントを見ると分かる通り、これでも未だ完成とはいえないと思います。
定数はもう少し熟考していきたいと思っています。

■オシロと電子電圧計でちょっとした特性を測る
試作回路への電源供給は直流安定化電源(AND AD-8735)を使用する。
オシロスコープによる出力波形などの観測と電子電圧計(MEGRO MN-447)で出力雑音を測定する。

・無負荷時出力波形(交流結合)
psu1_20120726002502.jpg
※画像をクリックすると大きい画像が見れます

・無負荷時誤差増幅器出力波形(交流結合)
psu2_20120726002501.jpg
※画像をクリックすると大きい画像が見れます

・300mA負荷時出力波形(交流結合)
psu3.jpg
※画像をクリックすると大きい画像が見れます

・電子電圧計で出力の交流電圧を測定した結果
WIDE BAND MODE (10Hz~50kHz ±10%)
出力雑音電圧:0.070[mV] (R.M.S.)

DIN5405 (NOISE) 聴感補正曲線による計測
出力雑音電圧:0.00221[mV] (AVR) → -113[dBV]




現状では直流安定化電源を直流安定化電源で動かしているので、コンセントから電源をとった場合に
どの程度特性が悪化するかが懸念事項です…
それさえクリアできればアートワークを始めようと思います。



…試験どうしよ


■追記です
本日、電子電圧計に触れた所指示値が大きく変わったため作業台と計測器間をアース接続しました。
結果として

WIDE BAND MODE (10Hz~50kHz ±10%)
出力雑音電圧:0.015[mVrms]

HIGH GAIN MODE (10Hz~20kHz ±10%)
出力雑音電圧:2.6[uVrms] → -112[dBV] ノンウェイトです!!


スポンサーサイト
  1. 2012/07/26(木) 00:37:32|
  2. 製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<CM82詳細 | ホーム | サボ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kstlab.blog90.fc2.com/tb.php/105-dfa2d290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒羽トア

Author:黒羽トア
初めましての方初めまして!
こんにちわの方こんにちわ!
コミケでヘッドフォンアンプのキットを頒布していたりする黒羽音響技研のトアです。

こちらの方はブログになります。
日常のこと、ちょっと気になった技術ネタ等を書いていこうと思っています。

よろしくお願いします!

■黒羽音響技研ホームページ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (0)
日記 (90)
PCB (2)
電子回路基礎 (3)
製作 (13)
緊急 (3)
連絡 (18)
設計 (5)
エンベデッド (3)
工具マニアックス (1)
部品マニアックス (3)
遠征 (1)
測定 (1)

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。